サダイジャ - ポケモン対戦考察まとめWiki|雑記(ネタ型・マイナー型)

サダイジャ 節を編集

No.844 タイプ:じめん
通常特性:すなはき(攻撃を受けると砂あらしを起こす。)
     だっぴ(ターン終了時に1/3の確率で状態異常を治す)
隠れ特性:すながくれ(天気が「すなあらし」の時、回避率が1.25倍になる・すなあらしのダメージを受けない)
体重:65.5kg(けたぐり・くさむすびの威力80)
砂嵐発生特性/単地HP攻撃防御特攻特防素早合計種族値特性
サダイジャ72107125657071510すなはき/だっぴ/すながくれ
カバルドン108112118687247525すなおこし/すなのちから

ばつぐん(4倍)---
ばつぐん(2倍)みず/くさ/こおり
いまひとつ(1/2)どく/いわ
いまひとつ(1/4)---
こうかなしでんき

第八世代初登場の単じめんタイプのポケモン。
種族値はカバルドンに近い防御寄りの物理アタッカーと言うべきだが、あちらよりHPが低い分素早さが高めになっている。
また第八世代において希少な「へびにらみ」使いであり、じめんタイプゆえにでんきを呼びにくい点は麻痺を撒く上で大きなメリットと言える。

固有特性のすなはきは、攻撃でダメージを受けた時にすなあらしを起こすというもの。
すなおこしとの違いは、攻撃を受けた後で天候を変えるため、後出しジャンケンの要領で相手の天候変化を上書きできる点が挙げられる。
ダイマックス技の追加効果による天候変化も、追加効果が発動してから直後にすなあらしに書き換えられるため優秀。

じめんタイプには珍しい「ぼうふう」や「ポイズンテール」を覚えるが、「ポイズンテール」は対フェアリーならアイアンヘッドで良く、「ぼうふう」はとくこうが65と低いため結局ネタにしかならず、使い道はなさそう。


最新世代の考察こちらにあります。



キョダイマックス 節を編集

キョダイマックス技
キョダイマックス技変化する技タイプ解説
キョダイサジンじめん相手をすなじごく状態にする。
考察及びダイマックスとの比較
相手をすなじごく状態にして交換を封じつつ定数ダメージを与える効果。
有利対面を維持するのに役に立つが、発動前に交代されるとこちらが不利になってしまうので、使うタイミングは見極めたい。
ダイアースによるD上昇ができなくなるので、特殊耐久の脆さはフォローできなくなるが、攻撃に特化するならこちらの方が有用。

特性考察 節を編集

すなはき
専用特性。攻撃を受けると、直後に天候を5ターンのあいだすなあらしに変える。さらさらいわで8ターンに延長できる。
受ける攻撃の種類は物理や特殊・接触の判定を問わず、そのダメージで自身が瀕死になった場合でも発動する。
場が既にすなあらしでなければ攻撃を受けるたびに何度でも発動するので、簡単には天候を譲らない点が魅力。
なお、すながくれと違ってこの特性そのものにすなあらしのダメージを無効化する効果はない。
他のポケモンがこの特性を手に入れたとしても、岩地鋼タイプ以外ならしっかりすなあらしでダメージを受ける。
だっぴ
毎ターン3割の確率で自身の状態異常を回復。とぐろをまくなどを用いた耐久型で。
サイダイジャを地面枠や麻痺撒き要員として採用しつつ、味方にスリップダメージが入るのを嫌う場合にも。
すながくれ
隠れ特性。すなあらしが吹いていると回避率が上がる。
ダイマックス技などで砂嵐を起こしやすいとは言え、ダイマックス技は必中なのでそもそも避けられない。
他の2つに比べて恩恵が小さく、基本的に候補外。

技考察 節を編集

物理技タイプ威力命中効果解説
じしん100(150)100-一致安定技。
あなをほる80(120)100-ターン稼ぎ。
じならし60(90)100素早↓100%麻痺の効かない電気に。
どろかけ20(30)100命中↓100%命中妨害。耐久型で。
げきりん120100-対竜。行動不能が痛い。
ドラゴンダイブ10075怯み20%対竜。命中不安。
ストーンエッジ10080急所ランク+1対飛、氷。命中不安。
いわなだれ7590怯み30%命中高め。
がんせきふうじ6095素早↓100%じならしと違い無効タイプが無い。
ロックブラスト25*2~590-複数回攻撃。
ボディプレス80100-高い防御と好相性。
アイアンヘッド80100怯み30%対妖、氷。
ほのおのキバ6595火傷10%
怯み10%
対草。
変化技タイプ命中解説
へびにらみ100命中安定の麻痺撒き。地面にも通るが電気は麻痺しない。
とぐろをまく-攻撃・防御・命中↑。ストーンエッジと相性がいい。
ちいさくなる-回避↑↑。ダイマックス技には無力。
てっぺき-物理に滅法強くなる。
ステルスロック-後続サポート。

型考察 節を編集

すながくれ型 節を編集

特性:すながくれ
性格:ようき、わんぱく、しんちょう
努力値:HS252,HB252
持ち物:たべのこし/ひかりのこな
確定技:ちいさくなる/へびにらみ
選択攻撃技:ボディプレス/じならしorがんせきふうじ/
選択補助技:ステルスロック/すなあらし

前衛のギガイアスなどの次に出てきて、
物理耐久と回避率を盾にちいさくなるを積む型。

すなあらしを覚えさせなくても、ダイロックで再展開可能。


相性考察 節を編集

特定のタイプを持つポケモンとのタイプ相性の補完について記載する。
組み合わせるのを1体に限定せず、自身含め3~4体の組み合わせで「並び」とその中での役割を意識できるよう解説するのもよい。
特定のコンボに組み込む際のパートナーについてはその型の項で解説することを推奨。


対サダイジャ 節を編集

注意すべき点
高い防御と豊富な補助技が特徴の単じめんタイプ。先発に出て砂おこし&ステロ・麻痺撒きの仕事をすることが多い。
鈍足のカバルドンと役割が似ているが、すばやさ種族値は71と平均的。最速振りも多く、中速は抜かれることもざらにある。
攻撃力も高いため、じめんいわはがねほのおなどで弱点を突かれるポケモンは要警戒。
対策方法
HP・特殊耐久は並み程度。高威力のくさみずこおり技なら仕事をする前に葬ることができる。
いきなり攻撃してくることは少ないので、ちょうはつも有効。
ピンキーだが、じゅうなんルチャブルへはできることがあまりない。

覚える技 節を編集

(技マシン・教え技の一覧の6th欄について)
第6世代における習得方法を記載。記号の意味は以下の通り。

記号意味
Lv.進化形態のいずれかがレベルアップで覚えられる技。
タマゴタマゴ技として覚えられる技。
教え教え技として覚えられる技。※技マシンの一覧のみ
技xx技マシンで覚えられる技。xxはマシン番号。※教え技の一覧のみ
×現世代では覚えられない技。
覚えさせるには旧環境で育成するしかなく、その場合は現世代で追加されたタマゴ技・特性と両立できない。

レベルアップ 節を編集

8th威力命中タイプ分類PP備考
シンカ1シンカ2

技マシン 節を編集

No.威力命中タイプ分類PP備考
技08はかいこうせん15090ノーマル特殊5
技09ギガインパクト15090ノーマル物理5
技15あなをほる80100じめん物理20
技16いやなおと-85ノーマル変化40
技21ねむる--エスパー変化10
技22いわなだれ7590いわ物理10
技24いびき50100ノーマル特殊15
技25まもる--ノーマル変化10
技31メロメロ-100ノーマル変化15
技32すなあらし--いわ変化10
技39からげんき70-ノーマル物理20
技48がんせきふうじ6095いわ物理15
技49すなじごく3585じめん物理15
技53マッドショット5595じめん特殊15
技54ロックブラスト2590いわ物理10
技68ほのおのキバ6595ほのお物理15
技76りんしょう60100ノーマル特殊15
技81じならし60100じめん物理20
技97ぶんまわす60100あく物理20

タマゴ技 節を編集

8th威力命中タイプ分類PP備考

教え技 節を編集

8th威力命中タイプ分類PP備考

技レコード 節を編集

No.威力命中タイプ分類PP備考
技10じしん100100じめん物理10
技20みがわり--ノーマル変化10
技24げきりん120100ドラゴン物理10
技26こらえる--ノーマル変化10
技27ねごと--ノーマル変化10
技46てっぺき--はがね変化15
技67だいちのちから90100じめん特殊10
技69しねんのずつき8090エスパー物理5
技74アイアンヘッド80100はがね物理15
技75ストーンエッジ10080いわ物理5
技76ステルスロック--いわ変化20
技87ドリルライナー8095じめん物理10
技89ぼうふう11070ひこう特殊10
技9410まんばりき9595じめん物理10
技99ボディプレス80100かくとう物理10

遺伝 節を編集

タマゴグループ陸上/ドラゴン
孵化歩数5397~5653歩
性別♂:♀=1:1

遺伝経路 節を編集

習得方法覚える系統
技名レベルポケモン(Lv.XX)/ポケモン系統
レベルアップで覚えるポケモン、および系統を記載する。
系統表記はその系統全てが覚える場合のみ。習得レベルの記載は任意。
技名自力Lv.XX
最新世代で自力で習得する方法を記載する。
技名タマゴポケモン(進化前の種族名)など
タマゴ技として覚えるポケモンをタマゴから生まれる状態の種族名で記載する。
必須の項目ではないが、複数の技を同時遺伝する場合に有用な系統がある場合には特記してもよい。
その性質上全ての系統を列挙しない場合があるため、その際は末尾に「など」と記述する。
技名リレーポケモン系統(タマゴグループ)→ポケモン(進化前の種族名)(タマゴグループ)
技の遺伝元もまたタマゴ技でしか覚えられない場合、自力習得可能な系統まで遡ってその経路を記載する。
直接遺伝させられないことを明示するため、タマゴグループの明記を推奨。
技名マシンポケモン系統(技XX)
技マシンで覚えるポケモンを記載する。マシン番号の併記を推奨。
技名教えポケモン系統(コスト)
教え技で覚えるポケモンを記載する。必要BPなどコストの併記を推奨。
技名スケッチドーブル
スケッチしたドーブルからしか遺伝できないものを記載する。
技名旧自力VC1st:Lv.XX, 世代:技XX, 世代:教え技(XXBP)
技名旧レベル世代:ポケモン系統
技名旧マシン世代:ポケモン系統(技XX), 世代:ポケモン系統(秘0X)
技名旧教え3rd:ポケモン系統(FL, Em:XXBP), 4th:ポケモン系統(Pt:赤X青X黄X緑X), 5th:ポケモン系統(赤XX)
過去作でしか覚えられない技を方法別に記載する。基本的な記法は旧なしと同じ。
旧自力は現在自力で覚えられないもののみ記載。
旧レベルは現在のレベル技から削除されているもののみ記載。
旧マシンは現在の技マシンに存在しないあるいは覚えられないもののみ記載。
旧教えは最新作での覚え方を記載し、それ以前のものは任意。
  • 技行の並びは五十音順。
  • 表の形態・習得方法の別および背景色は統一的なデータとするため一律とする。
  • 覚える系統は図鑑番号順に並べ、数が多くなる場合は世代単位を目安に5~6系統ごとに改行する。
  • 同時遺伝に特に有用な系統については背景色を指定し強調してもよい。
    • 背景色例:ポケモン系統/ポケモン系統/ポケモン系統
  • サンプルページ:フシギバナ/リザードン/カメックス/ウツボット(マシン)/ダーテング(スケッチ)

VC第2世代

習得方法覚える系統
タマゴ技レベル
タマゴ技リレー
  • VC第2世代でのタマゴ技。
  • 表の形式は最新世代に順ずる。
  • 技の両立可否を明示することが目的であるため、最新世代にてレベルアップや技マシン・教え技で習得できる技は記載不要。

よく使われる構文 節を編集

よく使われる構文に移動

共通タグ 節を編集

タグ名説明
ポケモンポケモンの個別考察ページ
第〇世代初登場の世代
タイプそのポケモンが持つタイプ
メガシンカメガシンカするポケモン
進化前最終進化系ではないポケモン
原種リージョンフォームに対して既に知られていたポケモン
リージョンフォーム原種とは異なる姿で新たに登場したポケモン
アローラのすがた第7世代にて新たな姿で登場したポケモン
タマゴグループ?そのポケモンが属すタマゴグループ
各特性その特性を持つポケモン
データ集対戦に関わるデータをまとめたページ
レギュレーション?対戦ルールに関するページ